健康科学部 健康システム学科

学校体育コース

運動やスポーツが好きな子を育てられる体育の先生へ。

体育の授業を通じて健康や体力の維持増進を図ると共に、スポーツの楽しさを伝えることが出来る保健体育教諭を育成。「上手に運動すること」より「スポーツに親しむこと」に重きを置いた授業構成ができる力を養います。

学校体育コース

4年間の学び

1年次

共通教育科目のほか、「基礎ゼミ」や「運動の基礎」「養護概説」といった学科の基礎科目を学習。2年次以降で取り組むことになる専門教科のための基礎も学びます。

Pick Up

教育原理

「教育」をさまざまな視点から検討し、社会との関連や諸問題を考察。教育の概念と本質を理解して、現代の教育問題を分析できる力を身につけます。

2・3
年次

3コースに別れてそれぞれの専門領域を学習。介護体験や学外ボランティアに参加しながら、指導者としての心がまえを理解します。また、健康運動実践指導者の資格認定試験も行われます。

Pick Up

器械運動Ⅱ

器械運動の特性やルールを理解し、指導の際に必要な知識を習得。保健体育授業の指導者として種目特有の指導ができるようになることをめざします。

4年次

教育実習・養護実習・施設実習を経て、専門知識や技術を確実に習得。健康運動指導士や初級障がい者スポーツ指導員の資格を取得することもできます。

Pick Up

卒業研究Ⅰ・Ⅱ

1年をかけて卒業論文の作成に取り組みます。これまで学んできた知識や経験を活用しながら、自ら掲げた研究課題を明らかにしていきます。指導教員と議論を重ね、ゼミの仲間と共に学びを深めていきます。

学びのポイント

「こころ」と「からだ」の健康を支える教員・指導者になることをめざします。

POINT

トップレベルの有資格指導者から学べる

健康運動指導士や、公認ジュニアスポーツ指導員などの資格取得をめざす上で、スポーツ・運動の指導者として不可欠な知識や技術をトップレベルの講師陣が指導。目的に応じたトレーニングメニューの立案と実演力を身につけます。