現代ビジネス学部 現代ビジネス学科

地域ビジネス専攻

地域の抱える課題を発見し、
解決に導く力を養う。

経済・経営学の知識や分析方法を学びながら、実際に地域に訪れて課題の発見・解決をするプロセスを体験します。観光・スポーツを通したまちおこしや特産品のブランド化など、地域を活性化させる発想やノウハウも習得します。

現代ビジネス学部

4年間の学び

1年次

ビジネスの基礎を幅広く学ぶとともに、プロジェクト型学習を体験します。

Pick Up

マーケティング

前半でミクロ・マクロ経済学の基本概念を、 後半ではマーケティングの基礎理論について学習するほか、「おもてなし」といった日本に昔からある価値概念が、グローバル化が進展する今日の顧客に与える効果等についても考えます。

2年次

地域ビジネスを学ぶほか、プロジェクト型学習で課題発見・解決力を習得。短期留学も可能です。

Pick Up

観光政策

観光による地域ビジネス・地域活性化について学びます。
各地におけるさまざまな観光資源の利活用と観光政策の成功例・失敗例を学ぶとともに、兵庫県特に播磨地域での観光政策の方向性について、グループワークを行いながら考えます。

3年次

さまざまなビジネスの形と理論を学び、実際に地域がもつさまざまな課題に切り込みます。

Pick Up

起業家塾

起業家塾では、実際の体験者から起業に関する各種の実例を講義していただくとともに、起業に関するさまざまな局面での問題を事例として取り上げ、受講者自らが考え解決することにより、起業の実践力を身につけます。

4年次

4年間の学びの総仕上げを行い、卒業研究としてまとめます。

Pick Up

卒業研究

3年次までの理論的な学びと実験的な学びを統合。
自分の見つけた研究テーマについて調査・研究を行い、ゼミ生同士や指導教員と活発に議論を重ねながら卒業論文としてまとめます。

学びのポイント

観光を通した地域の活性化に取り組み、プロジェクト型学習を通して地域ビジネスの現場に関わります。

POINT01

インターンシップで地域ビジネスの今を学習します。

2年次には短期と長期、どちらかのインターンシップに学生全員が参加します。100 を超える受け入れ先の企業があり、さまざまな業種のさまざまな現場で、生きたビジネスについて実際に学ぶことができます。

短期インターンシップ
夏期休暇に1週間実施します。短期間に集中的にビジネスの現場に入り込むことで、効率的にビジネスへの理解を深めます。
長期インターンシップ
授業の合間を利用して2~3ヶ月にわたって、大学と企業の担当者のサポートを受けながらインターンシップに取り組みます。

POINT02

プロジェクト型学習で地域と向き合います。

実際に地域や行政が抱える課題を、自治体や各種団体とともに解決していく地域連携のプロジェクト型学習(PBL)を実施します。学びを通じて、課題の発見から解決に至るまでに必要な実践的な知識とスキルを身につけます。

協力してくれる自治体・各種団体

プロジェクト学習
兵庫県 東播磨県民局 東播磨地域ビジョン委員会 / 高砂商工会議所・高砂銀座商店街 / 稲美町商工会 など
ボランティア
播磨町 /NPO 法人環境ユーイングてんま(いなみ野水辺の里公園指定管理者) など