健康科学部 栄養マネジメント学科

食品コース

企画・提案力を身につけ、
食品メーカーなどで活躍する。

管理栄養士の知識・技能をベースに、幅広い視野で食品業界に貢献できる力を育成。食品成分の特性を生かした加工食品の製造や開発など、食を提供する上でのポイントは何かを探りながら企画・提案できる専門職をめざします。

食品コース

4年間の学び

1年次

入学時のフレッシュマンセミナーや、卒業生による講演会などに参加して刺激をうけ、
栄養の世界へ進む者としての意欲を高めます。

Pick Up

基礎ゼミⅠ・Ⅱ

食と健康の専門家として、自ら思考・分析し適切に表現するための基礎能力を養成。
必要な情報を探して取り入れるための情報の整理・活用法について学びます。

2・3
年次

2年次から食と栄養に関する本格的な学びが3つのコース別にスタート。
3 年次では、給食・医療・行政それぞれの分野で行われる臨地実習に向けて、
実践力を養う授業や演習が始まり、臨地実習本番にものぞみます。

Pick Up

フードサービス
マネジメント演習

食品業界の動向や社会的ニーズを踏まえ、給食分野における経営管理の基礎を学び、必要性を理解。
管理栄養士として身につけておきたい経営感覚を学修します。

4年次

管理栄養士国家試験に向けた学習と、これまでの学びを統括する保健所での臨地実習や卒業研究が中心に。実践食育研究センターのボランティアにも取り組みます。

Pick Up

総合演習Ⅳ

管理栄養士をめざすうえで学習してきたすべての知識を自分の中でしっかりと整理し、発展させます。専門職として社会に貢献できる力を養います。

学びのポイント

食品の分析・生産・販売を科学的視線でみれる管理栄養士を育てます。

POINT

加古川ご当地グルメの開発に参加

加古川観光協会主催の「新ご当地グルメ開発ワークショップ」にて(株)フレッシュピックルと共同で新しいメニューづくりに挑戦し、「牛・ギュッとパン」を開発しました。地域の食品を活用したメニュー開発なども行っています。