健康科学部 栄養マネジメント学科

スポーツ・食育コース

食育指導法を修得し、
アスリートのサポートや栄養教諭をめざします。

管理栄養士の知識・技能をもとに食育指導法を修得。スポーツに関する生理学などを学び、選手の競技能力の向上に貢献できる管理栄養士や子どもたちへの食育ができる栄養教諭を養成します。

スポーツ・食育コース

4年間の学び

1年次

入学時のフレッシュマンセミナーや、卒業生による講演会などに参加して刺激をうけ、
栄養の世界へ進む者としての意欲を高めます。

Pick Up

基礎ゼミⅠ・Ⅱ

食と健康の専門家として、自ら思考・分析し適切に表現するための基礎能力を養成。
必要な情報を探して取り入れるための情報の整理・活用法について学びます。

2・3
年次

2年次から食と栄養に関する本格的な学びが3つのコース別にスタート。
3 年次では、給食・医療・行政それぞれの分野で行われる臨地実習に向けて、
実践力を養う授業や演習が始まり、臨地実習本番にものぞみます。

Pick Up

栄養教育論実習Ⅱ

個別や集団栄養教育に必要なニーズアセスメントを行った上で、指導計画の立案、教材作成などを実践。マネジメントサイクルの流れを理解し、栄養教育に必要な技術を修得します。

4年次

管理栄養士国家試験に向けた学習と、これまでの学びを統括する保健所での臨地実習や卒業研究が中心に。実践食育研究センターのボランティアにも取り組みます。

Pick Up

総合演習Ⅳ

管理栄養士をめざすうえで学習してきたすべての知識を自分の中でしっかりと整理し、発展させます。専門職として社会に貢献できる力を養います。

学びのポイント

スポーツを通じて人々をもっと健康にする管理栄養士を育てます。

POINT

ASハリマアルビオンと栄養管理を通して連携

本学科では地域活性化に向けた教育・スポーツ振興に取り組んでいます。現在は、授業の一環として AS ハリマアルビオンに所属する選手たちの食生活のチェックや各種測定を行い、栄養面でのサポートを実施しています。