健康科学部 栄養マネジメント学科(管理栄養士養成施設)

身近な「栄養」の領域から、健康づくりをサポート。

栄養マネジメント学科の教育力

▼ 将来を見据えて学びを深められる3つのコースを用意

管理栄養士の仕事は、医療・福祉・食品・教育分野へと活動の場は広がっています。それぞれに求められる知識・スキルは異なるため、早期より各分野の内容を理解し、効率よく学習を進めるため2017年度よりコース制を導入します。

〈1年次〉基礎学習 コース選択 〈2~4年次〉コースに分かれて専門知識を身につける

食品コース

食品の分析・生産・販売を科学的視点でみる管理栄養士になる

  • 【主な科目】 食品学、給食経営管理論など
  • 【主な進路】 食品業界、食品関連企業(商品・メニュー開発、品質管理、製造)など
食品コース

管理栄養士としての知識・技能をベースに、幅広い視野で食品業界に貢献できる人材を養成します。食材や、食材に含まれる成分の特性を活かした加工食品を製造・開発するには? 食事を提供する上でのポイントは何か? といったテーマから実践的な企画・提案ができる専門職をめざします。

TOPICS
▼ 加古川のご当地グルメ開発に携わりました!

本学科の学生が、加古川観光協会の新ご当地グルメ開発企画に参加し、(株)フレッシュピックルとコラボレーションにより「牛・ギュッとパン」を開発しました。

食品コース

スポーツ・食育コース

スポーツを通じて人々をもっと健康にする管理栄養士になる

  • 【主な科目】 応用栄養学、栄養教育論(学校栄養を含む)など
  • 【主な進路】 栄養教諭、スポーツクラブ、幼稚園、保育所(園)、公務員など
スポーツ・食育コース

管理栄養士としての知識・技能をベースに、スポーツをはじめ各分野で食育指導ができる人材を養成します。スポーツに関する生理学知識等を修得し、スポーツクラブや学校の運動部などへ栄養指導ができる専門家や、食育の知識を修得し、幼児や学童に対して栄養指導ができる栄養教諭を育成します。

TOPICS
▼ ASハリマアルビオンとスポーツ栄養を通し連携

食生活チェックや各種測定等を実施し、選手にアドバイスを行いサポートしていきます。この連携協定を通じ、地域活性化に向けた教育・スポーツ振興に取り組みます。

スポーツ・食育コース

臨床栄養コース

医療・福祉最前線での即戦力をめざし、命に寄りそう管理栄養士になる

  • 【主な科目】 臨床栄養学、解剖生理学など
  • 【主な進路】 病院、高齢者福祉施設、 給食委託会社など
臨床栄養コース

管理栄養士としての知識・技能をベースに、医療・福祉の現場で活躍できる人材を養成します。今、医療・福祉の現場では専門職が連携したチーム医療が重要視され、栄養と食の専門職として管理栄養士が必要とされています。食を通して命に寄り添う管理栄養士の育成をめざします。

TOPICS
▼ 医療現場のシミュレーション

メディカルシミュレーションセンターにおいて、カンファレンス(治療方針に関する会議)や病棟訪問(NST回診:栄養サポートチームで行われる回診)を再現し、管理栄養士としての対応を体験します。

臨床栄養コース

アドミッションポリシー

栄養マネジメント学科のアドミッションポリシーに基づき、次のような学生を受け入れます。

  1. 食と健康に強い関心を持ち、積極的な学習意欲のある者
  2. 将来は栄養学分野において指導的役割を担い社会に貢献する意欲のある者
  3. 他者との協働を通じて自己成長を図り、課題に取り組もうとする意欲のある者

Student Interview

Studentイメージ

栄養の専門知識を学ぶことで、何気なく食べていた物が体に与える影響の大きさを知り、私自身の食生活も変わりました。また、授業でプレゼンする機会や学内外での実習が多く、自分から行動して人と関わる力も身につきました。

Student Interview

Studentイメージ
学んだ知識と技術を活かした食事で人を喜ばせたい。

授業で学んだ食品に含まれる栄養素などの知識を用いて、家族の年齢を意識した一汁三菜の献立を考えるなど、実際の生活に役立てています。今後は自分の知識や技術を活かし、健康になり喜んでもらえる食事を提供できる管理栄養士をめざします。