• TOP
  • グローバルビジネス専攻
  • 地域ビジネス専攻
  • 公共政策専攻
  • 学費

地域に軸足を置き、グローバルな目線を持った世界を舞台に活躍するこれからのビジネスリーダーへ。

グローバル化によって、これまでにないほど世界が身近になりました。同時にビジネスや企業の在り方も大きく変化しており、この変化に対応しこれからのビジネス社会を牽引できる人材を育成するのが現代ビジネス学部のめざす教育です。充実した英語の授業をはじめ、初年次から取り組むプロジェクト型学習など、さまざまな実践的な学びを通して、次代のビジネスリーダーを育てます。

アドミッションポリシー(求める学生像)

  • グローバルな視点に立った学びを通じて、自らの視野を広げたいと考える人
  • 経済・社会の諸問題について、ビジネスという視点から考察し社会貢献したいと考える人
  • 他者との協働を通じて自己成長を図りたいという意欲のある人

学びの特色

豊富な留学の機会で
ビジネスで使える英語力を習得。

短期留学から中・長期留学まで、英語圏の留学先を数多く用意しています。現地で異文化を肌で感じながら生きた英語を学ぶことで、国際的な感覚を備えた人材を育てます。

豊富な留学の機会でビジネスで使える英語力を習得。

企業・地域を舞台にした
プロジェクト型学習を実施。

実際に企業や地域に内在する課題を発見し、解決に向けて学生たちで考え行動する「プロジェクト型学習(PBL)」を初年次から実施。社会が求める力を実地から学び取ります。

企業・地域を舞台にしたプロジェクト型学習を実施。

面倒見が良い
きめ細かなサポート。

担当教員が学生一人ひとりに目を配り、キャリア・ポートフォリオなどのツールを用いながら学習面はもちろん日々の生活における疑問や不安についても丁寧にサポート。学生たちが安心して大学生活を送れるようにします。

将来役立つ
さまざまな資格取得を応援。

上級秘書士やビジネス実務士といった実務に関わる資格や、上級情報処理士などのITに関わる資格まで、多彩な講座を通じてビジネスに有用な資格取得を支援します。

専攻紹介

進路に合わせて知識・スキルを徹底的に育む3つの専攻を設置しています。
1年次にビジネスの基礎を幅広く学び、2年次からは専攻に分かれてより深く専門的な学習に取り組みます。

1年次 2年次 3年次 4年次 卒業後
ビジネスの
基礎を学修
グローバルビジネス専攻 ・企業の海外部門
・外資系企業
・キャビンアテンダント など
地域ビジネス専攻 ・スポーツ団体
・地域金融機関
・会社経営者 など
公共政策専攻 ・県庁・市町村の公務員
・警察官
・教員 など

グローバルビジネス専攻 GLOBAL BUSINESS MAJOR

将来の進路:企業の海外部門・外資系企業・キャビンアテンダント・ホテル・旅行・観光会社・NGO職員 など

観光など地域ビジネスのグローバル化に貢献できる力を身につける。

英語力や国際教養、さらに異文化間のコミュニケーション能力まで、グローバル社会な幅広い知識と能力を養います。
専攻に所属する学生はすべて英語圏での短期留学を体験し、さらに希望者は中・長期の留学にチャレンジすることも可能です。

専攻のポイント

POINT1 ビジネス現場で使える実践的な英語を学びます。

授業のおよそ3割が英語に関連する授業です。
英語関連の授業は「英語を学ぶ授業」「英語を多用する授業」「英語による授業」の3種類に分けることができ、体系的に学ぶことで英語が苦手な学生でも無理なく英語力を高めることができます。

pont1
  • 英語を学ぶ授業

    英会話を中心とした授業で、英語によるコミュニケーション能力を実践的に磨きます。

  • 英語を多用する授業

    英語と日本語の両方を使って学習することで、英語への苦手意識を徐々に取り除きます。

  • 英語による授業

    さまざまなテーマについて英語で議論し、英語で自分の考えを表現する力を養います。

POINT2 専攻に所属するすべての学生が留学を体験します。

2年次の夏期休暇に、所属するすべての学生が4週間の短期留学を経験します。また、意欲ある学生のために中・長期の留学制度も整えています。中・長期の留学に参加しても、留学先の単位が本学の単位として認定されるため、4年間で卒業することが可能です。学生の希望により、留学先を選択できます。

pont2

学びのステップ

  • 1年次

    プロジェクト型学習を通して、基礎から実践的な英語力を身につけます。

  • 2年次

    留学に向けて英語力の強化に取り組むほか、国際社会についての理解を深めます。

  • 3年次

    英語力の強化を図るとともに、実践的なビジネスを学習。中・長期留学にも臨めます。

  • 4年次

    大学での4年間の学びの総仕上げを行い、卒業研究として取りまとめます。

授業ピックアップ

  • ビジネス英会話Ⅰ

    ビジネスシーンでの会話力、スピーチ、プレゼンテーションのスキルを高めることをめざします。商品・サービスの説明から新商品の企画・開発に関するプレゼンテーションと質疑応答などさまざまな演習を通じて、実践力を鍛えます。

  • ビジネス英語Ⅱ

    ビジネスの現場での交渉や取引で用いる英語表現を中心に学びます。採用面接、価格交渉、商品開発とそのPRなどのシーンを想定して演習を行います。英語でのスピーチの基礎も身につけます。

  • グローバルビジネス実務

    中小企業が、グローバル展開するにあたり、資金調達、人材の確保と養成、技術指導、マーケティング、販売戦力など基本的な実務について学びます。海外でビジネス展開をするにあたって必要なビジネスの常識、マナー、メール等の作法についても学びます。

留学制度

2年次 短期留学

留学先

北米

  • カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校
  • カリフォルニア大学アーバイン校エクステンション①
  • カリフォルニア大学リバーサイド校エクステンション
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション

オセアニア

  • ニュージーランド国立ワイカト大学パスウェイズ・カレッジ
  • オーストラリアクイーンズランド大学(ICTE-UQ)②

アジア

  • マハサラカム大学
1 2
留学制度概要
期 間 内 容 単 位 英語力
4週間 語学研修 必修科目として認定
「語学・異文化体験演習」
不問
  • 在学期間に含む

3年次 中・長期留学

留学先

北米

  • カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校③

アジア

  • マハサラカム大学
3
留学制度概要
期 間 内 容 単 位 英語力
中期 半年間 語学研修
学部留学
学部留学の
取得単位を認定
TOEIC
500点(中期)
~600点(長期)等
長期 1年間
  • 在学期間に含む
留学費用
短期留学費用 留学先 カリフォルニア
州立大学
ベーカーズ
フィールド校
カリフォルニア大学
アーバイン校 リバーサイド校 サンディエゴ校
留学費用 339,000 483,000 435,600 394,800
学部助成金
(全員支給)
50,000 50,000 50,000 50,000
自己負担 289,000 433,000 385,600 344,800
その他助成金 TOEIC550点以上取得者対象助成金 50,000 50,000 50,000 50,000
入試制度による助成金 300,000 300,000 300,000 300,000
最小自己負担 0 83,000 35,600 0
  • 留学費用は学費とホームステイにかかる生活費の合計となり、渡航費用は含まない。
  • 留学費用は2015年7月31日現在のものです。今後の情勢によって変更になる場合があります。
中・長期留学費用 留学先 カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校
期間 半年間 1年間
留学費用 1,686,720 3,322,440
助成金 S S+ S S+
367,500 490,000 735,000 980,000
助成金 300,000 300,000 300,000 300,000
最小自己負担 1,019,220 896,720 2,287,440 2,042,440
  • Sは本学既定の条件を満たした場合に、S+はさらに英語力等が著しく高い場合に適用します。
  • 留学費用は学費とホームステイにかかる生活費の合計となり、渡航費用は含まない。
  • 留学費用は2015年7月31日現在のものです。今後の情勢によって変更になる場合があります。
入試制度による助成金について

入学後の留学費用に対して、入学金相当額(30万円)が免除になる入試を用意。

TOEIC400点以上または実用英語検定試験準2級以上を取得している者で、AO入試(前期・後期・S日程)に合格した場合または、公募推薦入試A日程、一般入試A・B日程において、英語重視型(選択制)で合格した場合に適用されます。

地域ビジネス専攻 REGIONAL AND BUSINESS MAJOR

将来の進路:スポーツ団体・地域金融機関・会社経営者・農業法人職員・NPO職員・大学院進学  など

観光を通した地域の活性化に取り組みます。

どの地域であっても、国際的な視点で物事をとらえ直すことで、多くのビジネスチャンスが生まれます。国際感覚を養うとともに、プロジェクト型学習を通して地域ビジネスの現場に関わり、課題の発見・解決・分析する力を身につけます。

専攻のポイント

POINT1 インターンシップで地域ビジネスの今を学習します。

2年次には短期と長期、どちらかのインターンシップに学生全員が参加します。100を超える受け入れ先の企業があり、さまざまな業種のさまざまな現場で、生きたビジネスについて実際に学ぶことができます。

インターンシップ
受け入れ先企業(一例)

  • 加古川市役所
  • 姫路経営者協会加盟企業
  • 兵庫県経営者協会加盟企業
  • 全国新規就農相談センター加盟企業・団体
  • 短期インターンシップ

    夏期休暇に1週間実施します。短期間に集中的にビジネスの現場に入り込むことで、効率的にビジネスへの理解を深めます。

  • 長期インターンシップ

    授業の合間を利用して2~3ヶ月にわたって、大学と企業の担当者のサポートを受けながらインターンシップに取り組みます。

プロジェクト型学習で地域と向き合います。

実際に地域や行政が抱える課題を、自治体や各種団体とともに解決していく地域連携のプロジェクト型学習(PBL)を実施します。学びを通じて、課題の発見から解決に至るまでに必要な実践的な知識とスキルを身につけます。

pont2

学びのステップ

  • 1年次

    ビジネスの基礎を幅広く学ぶとともに、プロジェクト型学習を体験します。

  • 2年次

    地域ビジネスを学ぶほか、プロジェクト型学習で課題発見・解決力を習得。短期留学も可能です。

  • 3年次

    さまざまなビジネスの形と理論を学び、実際に地域がもつさまざまな課題に切り込みます。

  • 4年次

    大学での4年間の学びの総仕上げを行い、卒業研究として取りまとめます。

授業ピックアップ

  • 観光政策

    観光による地域ビジネス・地域活性化について学びます。各地におけるさまざまな観光資源の利活用と観光政策の成功例・失敗例を学ぶとともに、兵庫県特に播磨地域での観光政策の方向性について、グループワークを行いながら考えます。

  • マーケティング

    マーケティングの基礎理論について学習するほか、「おもてなし」といった日本に昔からある価値概念が、グローバル化が進展する今日の顧客に与える効果等についても考えます。

  • 起業家塾

    起業家塾として、実際の体験者から起業に関する各種の実例を講義していただくとともに、起業に関するさまざまな局面での問題を事例として取り上げ、受講者自らが考え解決することにより、起業の実践力を身につけます。

公共政策専攻 PUBLIC POLICY MAJOR

将来の進路:県庁・市町村等の公務員・警察官・消防官・教員・一般企業・NPO職員・社会起業家 など

公務員として地域の公共機関において地域の活性化に取り組む力を身につける。

地域企業の発展と地域経済の活性化を側面から支える市役所などの公的機関やソーシャルワークなどで活躍する人材を育成します。
そのため本専攻では、行政や地域の現場で求められる能力を体系的に学ぶとともに、公務員試験対策にも力を注ぎます。

専攻のポイント

POINT1 年間150回以上の公務員試験対策講座を実施します。

POINT1 年間150回以上の公務員試験対策講座を実施します。

授業を通して公務員試験対策に取り組むだけでなく、課外の公務員試験対策講座も充実させています。対策講座は優れた実績をもつ公務員試験に特化した講師たちが教鞭を執り、年間150回を超える講座を開講。基礎・教養から判断推理・数理推理、面接対策まで幅広い講座を設置しており、基礎から応用まで実力を徹底的に鍛え上げます。さらに講座の受講料は一般の専門学校に比べ、非常にリーズナブルに設定しているため、無理なく着実に公務員試験対策に取り組むことができます。

POINT2 ボランティアを通じて地域の課題を理解します。

ボランティアを正課授業として実施することで、学生がさまざまな世代や職業の人たちと関わり、コミュニケーション能力を伸ばすとともに、地域社会への貢献、地域社会の抱える問題の理解、支え合う心の醸成等に繋げます。

POINT2 ボランティアを通じて地域の課題を理解します。

学びのステップ

  • 1年次

    ビジネスの基礎を学ぶとともに、プロジェクト型学習により英語を基礎から学びます。

  • 2年次

    経済や行政の役割を学ぶほか、地域の課題への取り組み方を学習。短期留学も可能です。

  • 3年次

    経済や行政を理解し、市役所などへのインターンシップに参加。中・長期留学も可能です。

  • 4年次

    大学での4年間の学びの総仕上げを行い、卒業研究として取りまとめます。

授業ピックアップ

  • 統計学Ⅱ

    私たちの生活の中で統計学がどのように使われているかを「生命保険」や「迷惑メールフィルタ」の仕組みなど具体的な例を使って学びます。データ分析の意味を理解し、データの可視化手法、分析結果のビジネスにおける利用方法など実践の場で使える応用力を養います。

  • 民法

    民法を中心とした日常生活に関わりのある法律的知識を具体的事例とともに紹介しながら、普段、何気なく行っている行為が法律的にはどのようなことを意味するのかについて学びます。また、経済取引の複雑化・グローバル化等に対して民法がどのように取り組んでいるのかについても学びます。

  • 財政Ⅰ

    日本の財政問題を理解するために不可欠な、基本的な概念・制度・歴史・論点を学びます。新聞記事等に出てくる予算制度・税制・社会保障制度・地方財政制度などのテーマに関するニュースを理解し、自ら考えることができる力を身につけます。

学費等納付金

入学金 授業料 各種団体等代理徴収金 納付金
合計
学友会
入会金
学友会
会費
学生会
入会金
同窓会終身
会費予納金
学生教育研究
災害傷害保険料
入学時
Ⅰ期
300,000 490,000 10,000 18,000 6,000 30,000 3,300 857,300
1年次
Ⅱ期
0 490,000 0 0 0 0 0 490,000
合計 300,000 980,000 10,000 18,000 6,000 30,000 3,300 1,347,300
  • 予定であり、変更になる場合があります。
  • 1.◎印は、入学時のみ徴収します。
  • 2.授業料等学費は、原則として各学期ごとに納入するシステムになっています。Ⅱ期納付金の納入時期は10月です。
    なお、納入については、事前に通知いたします。
  • 3.学生教育研究災害傷害保険料及び学研災付帯賠償責任保険は、改定されることがあります。
  • 4.次年度以降の学費等は、社会情勢に応じて変更することがあります。

取得可能な資格・免許状

  • 高等学校教諭一種免許状(公民、商業)(申請中)
  • 上級秘書士・上級秘書士(国際秘書)
  • 上級ビジネス実務士・上級ビジネス実務士(国際ビジネス)
  • 上級情報処理士
  • ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の内容が変更になる可能性があります。
  • 現代ビジネス学部 現代ビジネス学科
  • 卒業後の未来は?
  • Q&Aでわかる学科の特長!