News

お知らせ

News News

学部・学科 2020.06.24

【看護学科】社会で輝くプロフェッショナル

本学の卒業生たちは、社会に出て、さまざまな分野で活躍しています。
「どんな仕事」に就いているか、兵庫大学に入学して「一番良かったこと」や、ここで学んだことが今の仕事に「どう活かされているか」、
先輩たちの生の声を紹介します。先輩たちの活躍ぶりと、あなたの将来の姿をぜひ重ねてみてください。



中井 麻理絵さん (2016年3月卒業 兵庫県立芦屋国際中等教育学校出身)
社会医療法人松藤会 入江病院 看護師

「保健師になりたいという夢への挑戦を諦めない。患者さんからのありがとうが、私を成長させてくれるから。」

将来的に挑戦したいと思える夢に出会えたこと、そしてその道へ導いてくれた熱い先生方に感謝しています。
将来の選択肢の幅を拡げるために小学生からの夢だった養護教諭と看護師と保健師の資格が同時に取得できる兵庫大学へ進みました。
入学して学ぶうちに保健師の仕事に一番興味を持つようになり、看護師と保健師の国家資格W取得は絶対目標になりました。
兵庫大学は先生方の熱意がすごくて、授業のない夏休みに毎日補習をやってくださるので、私は毎日1時間以上かけて通い、指導を受けていました。
その補習に通っていたほとんどの友達が合格することができました。

患者さんと一緒に喜び、一緒に笑顔になれるようなサポートを継続していきたい。
いま私は、保健師へ挑戦するための臨床経験を積むために看護師として働いていますが、
看護師として働いていると「ありがとう」と言っていただけるのは毎日のことです。
通常は病棟に勤務していますが、私の夢を把握している病院の計らいで週に数回、
糖尿病の療養指導室へも手伝いに行かせてもらっています。
ここでは、患者さんに対して予防や改善のためのアドバイスを行い、一緒になって治療に取り組んでいきます。
患者さんが一生懸命取り組んでくれる姿はとても嬉しいものですし、数値が下がったり目に見える結果が出たときは一緒に笑顔になれます。

有資格者としてだけの保健師ではなく、経験をもとに自信をもって患者さんに指導ができる産業保健師へ。
新卒で就職して今年で看護師歴4年。看護師としてはまだまだ未熟です。
それでも、いつかは夢である保健師に挑戦し、企業に勤める産業保健師になりたいと思っています。
しかし、看護師としての臨床経験がないと資格だけでは難しいのが現実です。
今は看護現場で経験を積みながら多くのことを学びたいと思います。
院内の職員サポートチームのメンバーには、キャリアについても相談できるので、
アドバイスをいただきながら、いつも応援してもらっています。