Activity Report 活動レポート

【現代ビジネス学科】8月26日(日)、加古川市の鶴林寺で「加古川てらこや」事業を行いました。

Activity Report 活動レポート
兵庫大学の活動

【現代ビジネス学科】8月26日(日)、加古川市の鶴林寺で「加古川てらこや」事業を行いました。

開催日2018年8月26日(日)
場所加古川市の鶴林寺

8月26日(日)、加古川市の鶴林寺で「Let's 修行体験 in 鶴林寺~みんなとの絆を深めよう !」というテーマで、「加古川てらこや」事業を行いました。

 「加古川てらこや」は地域住民の方と兵庫大学現代ビジネス学科の学生が設立した団体で、地域の大人が協力して子どもたちに夢と誇りを持って成長する機会を創り出しながら、将来を背負う若者を育てるとともに、地域の発展に寄与する事を目的としています。

 今回はその第1回目の事業で、加古川市内の小学生1~6年生の55名が、鶴林寺本堂での座禅、講堂での精進料理(お粥など)、真光院での座道、境内でのスタンプラリー等に参加し、子ども達が地域を学ぶ貴重な機会となりました。

 この事業は現代ビジネス学科3年生科目「プロジェクト実践」の中で実施しており、企画、財務、広報、マネジメントなどを学生自身が行うことにより、ビジネスや社会人の基礎力を身につけます。当日は、てらこや関係者や学生ボランティアの力を借りて、参加してくれた子ども達が満足のいく事業になりました。その様子は神戸新聞や毎日新聞にも紹介されています。

 さまざまな反省点はありましたが、今後の事業に活かして、事業も学生自身も成長していくことを期待しています。