生涯福祉学部

こども福祉学科

目の前にいる子どもたちが、
安心して暮らせるように。
さまざまな課題に正面から立ち向かえる
保育者になる。

こども福祉学科 こども福祉学科

学びの特色

  • Feature01
    学生一人ひとりに合わせたカリキュラムで指導。
    学期の始めにチューターによる面談を行い、学生自身のめざす将来にむけたカリキュラムを作成します。また、各年度のはじめに学生自身が立てた計画の評価を行い、幼稚園教諭免許状と保育士資格の取得および卒業後の進路を考慮し、個人の計画を発展させます。さらに、本学科では現代ビジネス学部や看護学部、健康科学部の科目を履修することができ、目標に沿って自身の学びの計画を広く深めることができます。
  • Feature02
    じっくり基礎を学び、段階的に実習に挑むことができる。
    就学前の子どもの教育を中心に高い専門性を身につけ、子どもの成長にとって大切な乳幼児期に関する知識を深めます。2年次の2月に初めて実習をするので、2年間専門知識と技術をしっかり身につけてから実習に臨むことができます。
  • Feature03
    兵庫大学特別支援保育士
    子どもの健康をより深く学び、長期療育中の子どもや、発達障害の子どもの保育ができる高い専門性のある保育者のことです。病児保育では、医学的知識の根拠に基づく保育が重要であり、医療職と連携のできる能力(理解力と判断力)が求められます。兵庫大学特別支援保育士は疾病や障害のある子どもの日常生活の活性化と社会的活動をよりよいものにする保育(支援)力を習得して、子どもの生活を希望あるものにする高い専門性を持つ保育者です。

取得できる資格

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • こども音楽療育士
  • 児童厚生一級指導員
  • 社会福祉主事(任用資格)

卒業後の進路

教育関係
  • ・保育所(園)
  • ・幼稚園
福祉関係
  • ・福祉施設

主な就職先
(実績)

加古川市[幼児教育士] / 明石市[保育士] / 尼崎市[保育士] / 兵庫大学附属須磨幼稚園 / 認定こども園加古のうみこども園 / 報徳福祉会つつじの保育園 / あおば保育園 / 松陰保育園 / 山手台保育所 / 日の出福祉会 /信愛学園 御影乳児院 / 愛徳幼稚園 / さわらび学園 / 青山保育園 / 真愛幼稚園 / 認定こども園どんぐりの家 ほか

学生の声 Student's Voice

スポーツも、勉強も、絶対に両立させてみせる! スポーツも、勉強も、絶対に両立させてみせる!
入学前の自分
昔から保育士になりたいと思っていました。高校生の時、特別支援学校の運動会に参加する機会があって、そのとき引率してくれた先生が生徒と明るく元気にふれあう姿を見てから、「こうなりたい」と思うようになりました。障がいのある子どもの支援に興味が湧いたんです。そんな私にとって、他の保育系学科にはない「福祉」というキーワードはとても魅力的で、兵庫大学への進学を決めました。
入学後の自分
杣山先生は現役で福祉業界との関わりがあり、福祉の最先端を行く人です。自分の意見を聞いてもらったり、討論をしたり、先生との会話すべてが勉強になっています。また、施設実習に行ったときは、「障がいのあるなしに関わらず、個性を引き出すことで、できることはたくさんある」ことに気づくことができ、とても充実しました。将来子どもたちの前で堂々と保育ができるようにもっと力をつけたいですね。

4年間の学び

医療や福祉を学んで、教育と保育のエキスパートになる。

幼児教育・保育の分野を学ぶとともに、福祉や医療など、子どもたちをとりまく課題に向き合うための科目も学習。
現代ニーズをとらえた学びを展開し、現場が求める力を備えた幼稚園教諭や保育士になることをめざします。

1年次

保育原理や教育原理の学びを通して、就学前教育の基礎理論を修得します。
そして保育・幼児教育のスキルを体得します。

Pick Up

こどもの心理学Ⅰ

人間が発達する過程の全体像を理解したうえで、子どもの発達に関わる心理学の基礎事項を学習します。
また成長する過程を複数の段階に区分し、それぞれの特徴や発達のつまずきなども学びます。

2年次

保育の5 領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)を中心に学修します。
サポートを必要とする子どもの支援方法を学び、保育所実習を行います。

Pick Up

保育実習指導I

保育所での実習に向けて、集団保育を提供する施設が担う役割や機能を学びます。
学生が各自で実習課題を明確にして事前準備を行い、実習の意義と目的を理解します。

3年次

専門演習が始まり、学生自身が関心のある領域を中心に、学びをさらに深めます。
実践的に学んでいくため、2回の保育実習にのぞみます。

Pick Up

こども音楽療育概論

音楽が持つ医学的・臨床心理学的な力を理解し、音楽療育のプログラム内容やセッションの技法などを習得します。
心身の発達を促す音楽療育についての基本を学びます。

4年次

進路を定めることに重点を置きます。
そのために必要と思われる実習や科目を各自でえらび、学び進めます。

Pick Up

保育・教職実践演習

保育・教育現場から講師を招いての講義やグループ討論、模擬保育などを行い、保育・教職課程で習得した知識や技能の総括をします。保育者としての実践力を身につけることが目標です。

学びのポイント

子どもたちが安心できる社会のための、一歩先ゆく保育の学びをサポートします。

POINT01

一般の保育所にも必要となる病児・病後児保育の学びをサポート。

病気の子どもを預けられるのは「病児・病後児保育」を実施している施設のみです。これからを担う保育者には、医療従事者と連携できるスキルが求められます。

POINT02

障がいのある子どもの発達保障について学ぶ

保育現場での障がい児受け入れが進み、保育者も支援技術の習得が必要となってきました。本学科では「音楽」の分野から支援するための知識とスキルを学ぶことができます。

POINT03

保育現場で求められる実践力を身につける。

幼児期の教育は「人生の基礎づくり」です。子どもたちをとりまく環境が多様化する中、意欲・忍耐力・協調性・自信などを育む高度な保育力が求められています。

こんな学びを目指す人にオススメ!

  • 幼児教育・保育に関する専門職に関心をもち、自ら学ぶ意欲のある人
  • 子どもの生活や地域の子育て支援について専門的に学ぶ意欲のある人