News

お知らせ

News News

学部・学科 2019.06.08

【看護学科】4年生が最後の臨地実習前シミュレーション実施!!

看護学科の4年生が、最後の臨地実習前のシミュレーショントレーニングを実施しました。

4年次5月より19グループにわかれ2週間の「看護の統合と実践実習」が開始となります。
この実習は、「既習の知識・技術を統合し、看護実践能力を養う。チーム医療やマネジメントについて学ぶ」ことを目的に、
本学で2010年度より開始されました。

就職後のリアリティショック防止のため複数患者受け持ちや夜勤実習、マネジメント実習などの内容をカリキュラム改正のもと、
各大学で実施されています。

3年次までの学生は1人の患者様を受け持つ実習でしたが、今回は、看護師さんと同じようにチームの一員として複数の患者様を受け持ち、
優先度やタイムマネジメントを考え実施していきます。
そのため、臨知実習前日に、病院を再現したシミュレーションユニットで、トレーニングを行いました。

学生は、看護師さんと同じように、ナースステーションで情報をきき、その情報から判断し、
病室にいる複数の患者様(シミュレータ、模擬患者)に看護を実践していきました。
良い緊張感の中、学生たちは看護実践し、実施後には判断や実施したことをチームで振り返り、
さらに良くするためにはどのように判断・実施したらよいか考えていきました。

さすが4年生、意見交換も活発で、1年次から積み上げてきた成長が見られました。
今後の実習での成長が楽しみです。