保育科第一部・第三部

【イベント】短期大学部保育科 令和2年度『就活体験発表会』を開催!

【短期大学部保育科】令和2年度『就活体験発表会』を開催しました!

この会では、公立幼稚園や保育所、私立認定こども園や保育園、児童福祉施設への就職が内定している在学生の中から、
保育科第一部2年生4名(2月15日)と第三部3年生4名(2月16日)が、後輩に向けてそれぞれの就活の体験を話してくれました。
①いつ、どのように就職活動をはじめたのか、②きっかけ・特に心がけたこと、③役に立ったこと等について、
それぞれの学生が具体的にわかりやすく話してくれました。

【後輩へのアドバイス】
・就職対策講座に参加し、模擬面接などを体験することは自信に繋がります。
・不安や悩み事は学生支援課の職員の方や先生、家族、友達等に相談することが大切です。
・挨拶や言葉遣いに普段から気をつけましょう。
・自分に適した就職先を考える際は、それまでに行った実習(保育園・認定こども園・幼稚園・児童福祉施設)で
体験したことも参考にするとよいと思います。
・常に明るく笑顔でいるよう心がけましょう。
・私を応援し、私の合格を信じてくださっている周囲の方々の想いを感じ、その方々に応えたいと思う心から、
「諦めない」という気持ちや勇気は自然にもたらされます。
・後輩の皆さんがどんな道を選んだとしても間違いではないと思います。しかし、後悔はしないでください。やるからには全力でやり尽くしてほしいです。
やってみて「後悔」するような状況に陥ったとしても、やることで得られるものがあります。
やらずに後悔するのは勿体ないと思います。いろいろな望みに前向きに挑戦してほしいです。
・就活で少しでも気になった職場があれば、できるかぎり見学に行くようにしてください。
・ボランティア活動への積極的な参加をおすすめします。
・悩みや困ったことがあったら、先生に相談したり、頼ったりすることも大切です。
・実技試験に備え、コツコツと準備しておきましょう。

第一部と第三部の在学生2名が公立幼稚園・保育所の採用試験(実技)の様子を再現してくれました。
・模擬保育は、どんぐりのイメージをふくらませる導入からはじまりました。手遊びや『どんぐりころころ』のうた、
『ピタゴラスイッチ』の曲に合わせたリズミカルな楽しい踊りの身体表現などを披露してくれました。
・模擬保育(造形)では、紙芝居やペープサートやおはなしを自分でつくり演じてくれました。

模擬保育 『どんぐりころころ』

身体表現 『ピタゴラスイッチ』

模擬保育(造形)『紙芝居』

模擬保育 『手遊び』

先輩方のリアルな体験談を真剣に聞いている下級生の姿が印象的でした。
就活をこれから始める、すでに始めている――学生の状況は様々ですが、この就活体験談を聞いて
就活への意欲を高めることができたと思います。
今日の体験談をひとつの糧とし、1あるいは2年後に、学生それぞれが希望する道へ歩みを進められるよう、教職員一同願っています。  

  1. トップ
  2. 【イベント】短期大学部保育科 令和2年度『就活体験発表会』を開催!
OPEN CAMPUSOPEN
CAMPUS
資料請求資料請求 Web出願Web出願